柿渋染めは、太陽の恵みを受けて、染め・乾燥・水洗いを繰り返すごとに深みを増し、生地・素材ごとのオリジナルな表情を見せてくれます。

自然の色は人に優しく、いつまでも飽きることがありません。

柿渋は青柿を絞って発酵させ、熟成して生まれた天然染料です。紙・木材等に塗って防腐・防水・防虫など幅広く使われてきました。

太陽光に当たることで発色し、染めてから数年はその色を深めます。
また、摩擦によって色落ちがあるのも柿渋の特徴で、環境や使い手によって個性的に表情を変える味わいを楽しめます。


■柿渋染めアイテムの洗濯・取扱上の注意点

・手洗い可能なストールやウェア類は、漂白剤の入っていないおしゃれ着用洗剤などで優しく手洗いし、陰干ししてください。色が出ますので単独で洗ってください。湿った状態で鉄などの金属に触れると変色する(媒染される)恐れがありますのでご注意ください。アイロンは当て布をしてください。

・繊細な素材を使用しているものがございますので、着用時や洗濯時に爪やアクセサリーなどが引っかからないようご注意ください。

・バッグ類は、ほとんどの商品が接着芯を使用して製作しているため、洗濯はおすすめできません。汚れてしまった場合は水か薄めた天然洗剤をつけた布で軽く叩くように拭いてください。こすり洗いは色落ちの原因となります。

・柿渋染めアイテムを保管する際は湿気の少ない場所に保管してください。


湿った状態で他の布製品と密着すると変色・色移りする恐れがございます。
雨や汗などでぬれた場合は速やかに他の布製品から離してください。











 
Top