豊かな自然の中で育まれた「柿渋染め」の魅力

古くから庶民の生活の中で受け継がれてきた「柿渋」。防水性・防虫性・防腐性に優れており、染色用壁紙や醸造用の絞り袋、和傘、紙衣など様々な日用品として幅広く使用されています。布一途では、使い込むほどに味わいを増す「柿渋染めアイテム」を販売しております。こちらでは、自然の恵みから誕生した「柿渋染め」の魅力についてご紹介します。

化学染料にはない独特な風合い

柿渋染めは、柿渋に含まれている色素成分「タンニン」の影響により、使い込むほどに色味が出てくる染め物です。時間をかけて発色させることで色味も変化するため、一点一点表情が違います。また、太陽の恵みを受け、染色・乾燥・水洗いの工程を繰り返すことで味わいが増し、化学染色にはない色に仕上がります。

自然の温もりを感じる

柿渋に含まれるタンニンは「火傷や二日酔いに効果が高い」といわれており、漢方薬としても有名です。太陽の恵み、そして自然豊かな環境の中で丁寧に染め上げているので、他にはない温もりを感じていただけます。

消臭効果が高い

タンニンには臭いを抑える効果があり、柿タンニンエキスを使った消臭剤も作られています。柿渋にはタンニンが豊富に含まれているため、消臭、防臭の作用も期待できます。そんな柿渋を使った柿渋染めは消臭効果も高いため、昔から作務衣用の染めとしても利用されていました。様々な機能を兼ね備えた柿渋染めは、まさに先人の知恵から生まれた伝統的な染め物といえるでしょう。

柿渋染めアイテムをお探しの方は、ぜひ布一途をご利用ください。こちらでは、柿渋染めワンピースやカットソー、手提げ鞄、ストールなどの小物類まで様々なアパレル用品を販売しております。柿渋染めのバッグやファッションを身につけて、あなただけのおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか。

Top