最高の技術で作り上げた「播州織」

兵庫県西脇市を中心に栄えている「播州織」。長い歴史と伝統を誇る先染綿織物で、世界中のファッションシーンをリードしながら現在も進化を遂げています。そこで、こちらでは播州織に関する豆知識についてご紹介します。

播州織の歴史

1792年、宮大工の飛田安兵衛が京都西陣織の技術を地元へ持ち帰ったことがきっかけで、播州織が誕生したといわれています。それ以来、農家の副業として播州織が普及し、西脇市の北播磨地域を中心に多くの人々に受け継がれてきました。「産元」、「染色」、「織布」、「加工」と分業し、それぞれの技術に関して切磋琢磨しつつ、現在もなお地域全体で伝統を守り続けています。

世界も認める品質の高さ

播州織は、最初に糸を染めて染め上がった糸で様々な模様を織り上げる「先染織物(さきぞめおりもの)」という手法で制作しています。豊かな色彩と自然な風合い、肌触りの良さが特徴的で、現在ではハンカチやシャツ、テーブルクロスなど、私たちの身近な場所で幅広く使用されています。
また、播州織は先染織物としても全国で半数以上のシェアを占めており、海外の一流ブランド(バーバリー・ルイヴィトンなど)の生地に採用されるなど、世界的にも高い評価を得ています。現在は、学生たちとのコラボレーションによる、ユニークな商品も誕生しており、播州織の伝統と品質を守りながら新たな活動に取り組んでいます。最高の技術力で作り上げた播州織は、今後もファッションシーンの最先端を歩み続けることでしょう。

高品質が魅力的な播州織アイテムの肌触りを、ぜひ手にとって実感してみませんか?
布一途は、兵庫県篠山市を拠点に「柿渋染めアイテム」を制作・販売しております。柿渋で染め上げた播州織ストールやカットソーなどの洋服も販売しておりますので、ファッションにこだわりたい方におすすめです。その他には、柿渋染め帆布ショルダーや焼杉ペンダントなどの小物類も販売しています。ご両親やお世話になった方への贈り物にも大変喜ばれる商品になりますので、プレゼント選びでお悩みの方はぜひご検討ください。

Top